スポンサードリンク

2017年04月05日

待望の修理屋さんは後光がさして見えた。

いつもクリック、ありがとうございます。今日もよろしくお願いします。 ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログへ



入会金無料、年会費永年無料、おまけに海外保険付。マレーシアで買物して貯めたポイントで、日本の通販でお買物。お得なお薦めのカード。


昨日、洗濯機が壊れた。
洗濯途中で突然止まった。

洗濯機の中には、洗濯途中の洗濯物と水が溜まっている。
もしかしたら、次の日になったら動くかもしれないと思いそのままにしておいた。

朝になって、スイッチを入れてみたけど。
やっぱりウンともスンとも言わない。

どうすんだ?この水に浸かった洗濯物。
もうスイッチも入らないので、今の状況がどういうところなのか分からない。

洗剤の残留度合い、臭いなどを勘案すると。
洗濯が終わって、すすぎの2回目の途中で止まったようだ。

仕方がない、バケツに取り出して。
洗面所に持って行って、手で絞って、バルコニーに干した。

洗濯機に残った水の処理は、修理屋さんに託すことにした。

待望の修理屋さんは、遅れながらも2人でやって来た。
後光がさして見えた。

「今日中に頼むよ!洗濯機がないと不便だかね。」

分かったと言って、コンセントやら分電盤やらを点検してる。
30分経って、驚きの結果が告げられた。

「これは洗濯機の故障だ。電源は問題なく供給されている。」
「えっ? ・・・。」

頭の中で整理するのにしばらく時間がかかった。

何と、オーナーが手配したのは、普通の電気屋さんで。
洗濯機のメーカーのサービスマンじゃなかった。

頼むよオーナー。
「洗濯機が動かなくなった」と、ちゃんと伝えたじゃない。

まあ確かに、洗濯機が故障したとは言わなかったかぁ。
↓ポチッ
ブログ村ランキングに一票!

↓それはそうと、ひとつお願いがあります。
↓応援のポチッ、よろしくお願いします。とても励みになります。
マレーシア情報へ 一人暮らしへ 60代以上日記へ





posted by やれやれ at 22:01 | TrackBack(0) | ほんとに困ったもんだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
【最近の記事】
(02/16) カミさんからのLINEの背景は見慣れた東京の自宅のリビングだった。
(02/15) 夫婦の旅に独居老人の私が割り込む隙間はない。
(02/14) 沖縄暮らしを始めたカミさんの一言一言に心が揺さぶられる。
(02/13) 普通に生活ができるようにリハビリを一生懸命やることにした。
(02/12) 元気に歩ける事だけは最低限キープしておかなければ。
(02/11) 沖縄にいる3人娘たちは何をやっても楽しい時期なんだろう。
(02/10) 相変わらずの「お鍋の会」だったけどいつまで続けられるのか。
(02/09) 仲間はどんどん減ってしまうけど最後の二人になっても「お鍋の会」を。
(02/08) カミさん御一行様が揃ってマレーシアに来るのもこれが最後かも。
(02/07) クアラルンプールから沖縄まで 何とLCCが飛んでいた。
(02/06) やっと私の好きな季節がやってきた、頬をなでる風も違う。
(02/05) 念願の日本のカレーが食べられた、まさに目から鱗だった。
(02/04) 日本のカレーが食べたくて食べたくて もう我慢ができない。
(02/03) 確かにマレーシアも飽きて来たかなあ。
(02/02) 鍼に通うようになって1ヶ月が経った、さすが中国3千年の歴史かも。
(02/02) それにしても年々仲間は減る一方。
(01/31) 私の方が先に逝くと勝手に決めている。
(01/30) 昨日【カミさんは沖縄暮らしへ】を書いて気分的にサッパリしたかも。
(01/29) 「プロフィールみたいなもんその7」カミさんはとうとう沖縄暮らしへ
(01/28) 3人の姫の沖縄での暮らし方が決まったみたいだ。